カウンター

 訪問者54516
  2019年4月2日からのカウンター

アドレス

 〒351-0106 埼玉県和光市広沢4-3
 TEL 048-465-9770
 FAX 048-460-1017
 

オリンピック・パラリンピック

東京2020オリンピック・パラリンピック教育実施校

埼玉県では、東京2020大会で4競技(バスケットボール、サッカー、ゴルフ、射撃)、パラリンピックで1競技(射撃)が開催されます。

 

校長室

『みんなちがってみんないい』

    
                                                                                                                                                                                                                                                         校長 佐々木美智子

                                
                                                                                                                 

 この3月まで本校の発展にご尽力いただいた教職員の皆様に、心より感謝申し上げます。平成最後に受け取ったこのバトン、新たに着任された教職員の皆様とともに、しっかりと引き継いで参りますので、これからも子どもたちの成長を温かく見守っていただければ幸いです。

 平成31年もまた春の訪れが早く、3月末には学校の前の桜並木もみごとに満開となりました。4月8日には始業式、翌9日には、御来賓のPTA会長様よりご祝辞を賜り、無事入学式を挙行できましたことに心より感謝申し上げます。

 さて、前期始業式では、『やる気スイッチをONにして、一人一人が自分なりの目標を設定し、その実現に向かってしっかりと努力を積み重ねてほしい』というお話をさせていただきました。

       『わたしと小鳥とすずと』

 わたしが両手を広げても、お空はちっともとべないが、

 とべる小鳥はわたしのように、地面をはやく走れない。

 わたしがからだをゆすっても、きれいな音はでないけど、

 あの鳴るすずはわたしのように、たくさんなうたは知らないよ。

 すずと、小鳥と、それからわたし、みんなちがって、みんないい。

                  『金子みすゞ童謡集より』

 「みんなちがって、みんないい」何度聞いても素敵なフレーズです。それぞれの個性を認めてその良さを生かす。このことは本校の目指す学校像『自分らしく、豊かに生きていく力を育む学校』の実現にもつながります。新たな時代、節目となる本年度も、引き続き『チームわことく』を合言葉に、児童生徒を中心に置き、健やかな成長と発達を願い、教職員が互いに連携・協力・協働しながらすすめて参りたいと存じます。

 時代の変化に対応するためには時には大胆な改革を、また良き伝統はしっかりと引き継ぎながら、児童生徒、保護者の期待に応えるべく、安心安全で、地域から信頼され、頼られる学校を目指します。保護者の皆様、地域の方々には、引き続き本校へのご支援とご協力をお願い申し上げます。

 【平成31年(令和元年)度 埼玉県立和光特別支援学校 学校経営方針】

 学校教育目標を達成するために全教職員一丸となって協働し、また保護者とも連携して『安心・安全な児童生徒のための学校づくり』を目指す。

 ①児童生徒の教育的ニーズに応じた教育の推進

  新学習指導要領の実施に向けて研究を着実にすすめ、ICT活用等多様な学びと支援の質の向上を目指す。 

 ②安心安全な学校づくりの推進

  防災意識のさらなる醸成と安全な給食、スクールバス、医療的ケアを実施する。

  教職員の不祥事と学校事故ゼロを目指す。

 ③開かれた学校づくりを進め、センター的機能の充実を図る

  学校への理解を促すためにさらなるHPの工夫改善を図る。

  就学前施設や卒業後の施設等とのパイプ役としてもセンター的機能を発揮する。


 常に児童生徒を中心に置き、保護者・地域が『わことく』を応援したい、相談したいと思っていただける学校づくりを先生方とともに目指す。

・チームワーク  情報共有を大切にし、お互いを認め合い、尊重する態度で。

・フットワーク    肢体不自由ならではの気配りと緊急時対応等にスピード感をもって。  

・ネットワーク  他機関連携並びに保護者との適切な距離感をもって。

314



 

校長日誌

ようこそ校長室へ
12345
2019/10/10

全体研修「新学習指導要領と学習到達度チェックリストの活用」

| by 校長
 10月10日(木)、独)国立特別支援教育総合研究所 総括研究員の吉川知夫先生をお招きし、全体研修を行いました。
 新学習指導要領の考え方を再確認し、今年研究をしている「学習到達度チェックリスト」の活用についてお話をいただきました。根拠に基づいた授業実践、適切な目標設定につなげる評価の物差しとしてのチェックリスト活用の大切さを改めて学ぶことができました。先生には、本校の類型別研究のスーパーバイザーとして類型Ⅲの授業、準ずる教育課程のキャリア教育の視点を踏まえた授業づくりなどを以前からご指導いただいて参りました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

                  
23:10
2019/10/02

PTA進路講演会『成年後見と障害者年金』

| by 校長
 10月2日(水)法テラス埼玉法律事務所および法テラス本部から2名の弁護士の方をお招きして、進路に関する講演会を開催しました。タイトルは『成年後見と障害者年金について』。たくさんの保護者の皆様のご参加をいただきました。ありがとうございました。当日の資料は校長室前にも掲示してありますのでご覧ください。
   

15:19
2019/09/30

後期始業式

| by 校長
 9月30日(月)は、後期始業式。校長あいさつでは、スポーツの秋にちなみ、元女子サッカー選手の澤 穂希さんを例示しながら「壁にぶつかっても一つ一つ乗り越えること」の大切さについてお話をさせていただきました。性別、国籍など、人権に関する話題にも触れ、子どもたちには「ピンチをチャンス」にかえる力を養って欲しいと伝えたところです。日々の学習をとおしてたくましく成長してくれることを期待します。
 また、校歌では、初めて指揮をする先生を心配し、学部の同僚や音楽部の先生方、子どもたちまでがいっしょに四拍子に動かしながらリズムをとるという、とても心あたたまる場面も見られました。「同僚に助けられている」「児童生徒に助けられている」ことを実感したエピソードです。
 後期も頑張ってくれることを大いに期待したいと思います。

                    
11:44
2019/09/27

前期終業式

| by 校長
 9月27日(金)前期終業式。校長あいさつでは、オリパラを題材に「一段一段、一歩一歩」前進することの大切さについてお話させていただきました。通知表も各学年代表にお渡ししましたが、後期に向けて「ありがとうございます。頑張ります。」と意欲ある態度でしっかり受け取ることができました。
 週明けから後期が始まります。10月は校外行事月間でもありますので、様々な体験をとおし成長していってほしいと思います。 
   
          
22:03
2019/09/25

医療的ケア緊急時対応訓練

| by 校長
 9月25日、医療的ケアに関係するクラスの先生方による緊急時対応訓練が行われました。例年は、クラスごとの開催でしたが、代表クラスの訓練を見て改善すべき点を検討するという形に改められました。今後も職員の共通理解を図りながら訓練を重ねていきたいと思います。先生方も頑張っています。また、関係保護者の皆様、保護者控室での待機等、日頃からのご協力に感謝申し上げます。
 
22:27
12345